白内障

白内障とは

  • 白内障とは、目の中にある水晶体(レンズ)が灰白色や茶褐色ににごり、視力が低下して物がかすんだりぼやけて見えたりする様になる病気です。

    当院では

    小切開白内障手術を導入しています。小切開白内障手術は
    小さな傷口で手術を行い、傷口を縫わずに手術を終える事が出来るので、日帰りでの手術が選択可能です。

    もちろん入院手術もメリットがあり、多くの方が入院手術を選択されています。

白内障の自覚症状

白内障の自覚症状として、以下のようなものが挙げられます。

  • 明るい所へ出ると眩しく感じる
  • 物がぼやけて二重・三重に見える
  • 物がかすんで見える
  • 目が疲れやすい
  • 色が鮮やかに見えない
  • 裸眼の視力が不安定 
  • メガネ・コンタクトなどで調整しても、文字などが読みづらい

など

白内障の原因と分類

白内障で最も多いのは目の老化に伴う老人性白内障です。
その他には、糖尿病やアトピー性皮膚炎、外傷、遺伝、ぶどう膜炎、薬剤による副作用などで発症する事もあります。

視力低下の自覚がなくても30~40歳代ごろからゆっくりと進行し、早い方では50歳代から視力低下をおこしてきます。
70歳以上になると、かなり多くの方で白内障による視力低下を認めます。

白内障の予防

白内障があっても日常生活にまったく支障がなく、眼に他の問題が特にない場合は点眼薬による進行予防をおこないます。
ただこの点眼薬はあくまで「進行予防」で、既にある白内障の状態を元に戻したり、完全に進行を阻止したりする事は出来ません。
一方で、白内障が進行して視力が低下したり、まぶしさなどによる日常生活に不自由がでてきたりしている場合は、患者様としっかりとご相談の上、症状回復の為の手術を行うかを決定しています。