眼内レンズとは

白内障手術は現在も進歩を続けています。最新の白内障手術ではここ数年の間で、
遠近両用の眼内レンズ(多焦点眼内レンズ)が登場し、その治療をうけている患者様が全国で増えています。


当院では

多焦点眼内レンズを使用した白内障手術を導入致し、
大分市で最初の多焦点眼内レンズを用いた白内障手術に関しての先進医療認定施設となっています。

『単焦点眼内レンズ』、『多焦点眼内レンズ』のどちらも選択可能ですが、『多焦点眼内レンズ』の場合は先進医療(保険外診療)となります。
ただ、当院は先進医療認定施設の為『多焦点眼内レンズ』の手術以外の検査料などは通常の健康保険が適応されますのでご安心下さい。

ご確認下さい

患者様個人で加入されている医療保険に『先進医療特約』を付けている方は手術代などが保険でカバー出来る可能性があります。
『多焦点眼内レンズ』をご希望の患者様は当院スタッフ、或いは担当医師にその旨を必ずお伝え下さい。

眼内レンズの種類と特徴

多焦点レンズ(保険適用)

費用 先進医療保険適応
材質 アクリル樹脂
焦点 ピントが合う箇所が複数
度数の精度 0.5D 間隔
特徴
  • 眼鏡の使用頻度がかなり減る。
  • 当院では診察や薬等の費用も健康保険適用(1~3割負担)が可能。
    保険の種類によっては、先進医療費(手術代)の全額が給付対象。

多焦点レンズ(完全自由診療)

費用 完全自由診療
材質 アクリル樹脂
焦点 ピントが合う箇所が複数
度数の精度 0.1D 間隔
特徴
  • 世界で広く使用されている最新の多焦点レンズを使用可能。
  • よりコントラストが高く、より自然な見え方のレンズを選択できる可能性が高い。

単焦点レンズ

費用 保険診療
材質 アクリル樹脂・シリコン
焦点 ピントが合う箇所が1箇所
度数の精度 0.5D 間隔
特徴
  • ピントが合う距離が1ヶ所なので、ほとんどの場合メガネが必要。
  • 健康保険適用の白内障手術(1~3割負担)が受けられ、従来から行われているレンズの為、実績が非常に豊富。

眼内レンズの見え方

単焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズ


名称 レストア
ReSTOR
Tecnis ultifocal
テクニスマルチ
Tecnis Symfony
テクニスシンフォニー
Miniwell
ミニウェル
光学部デザイン 回折型(アポタイズ) 回折型 回折型(EDOF) プログレッシブ EDOF
乱視矯正 有り 無し 有り 2018年末から使用可
コントラスト
焦点 2点 2点 遠方~中間にかけて連続した焦点 遠方~中間にかけて連続した焦点
グレア・ハロー やや少ない 非常に少ない
読書 〇~△
PC
ゴルフ
運転
(夜間のグレアハローあり)

(夜間のグレアハローは非常に少ない)
選択可能焦点距離 30cm
40cm
50cm
30cm
40cm
50cm
66 cm
※焦点深度拡張により
70cm
先進医療適用 ×

多焦点眼内レンズの注意点

  • 見え方について

    中間距離にはややピントが合いづらい為、若い頃の見え方とは異なります。 暗い所では、手元が少し見えづらく感じる事があります。手元を明るく照らす事で、見えやすくなります。

  • グレア・ハローとは

    暗い所で、まぶしい光を見ると、光の周りに輪が見えたり(ハロー)、光がにじんで見えたり(グレア)する事がありますが、時間とともに症状は軽くなります。術後の見え方に慣れるまでに少し時間のかかる方がいらっしゃいます。

  • 費用負担について

    この治療は先進医療となります。手術術自体は保険外診療の為通常の単焦点レンズによる白内障手術に比べて負担額が高額となります。ただ、先進医療認定施設内での治療の場合、手術代以外の検査はすべて1割~3割の健康保険が適応される為患者様の負担軽減につながります。

  • その他

    白内障以外に眼の病気がある患者様の場合、多焦点眼内レンズは使用出来ない場合があります。